歯の予防処置で健康寿命が延びる?|大垣市の歯科医院|大垣みらいファミリー歯科+kids

[ ご予約・お問合せ ]
TEL 0584-78-4538
[ 24時間受付中 ]
WEB WEB予約

〒503-0024 岐阜県大垣市宿地町960-35

ブログ BLOG

歯の予防処置で健康寿命が延びる?



皆さんは歯の予防を定期的にしていると健康寿命が延びるってご存じですか?

一見、「歯と体なんて関係していない!」と思うかもしれませんが、実はお口の中の健康を維持することは全身を守っていくためにとても大切なのです。本日は、「歯の予防処置とは何か」「歯の予防処置が重要な理由」や歯の予防処置を受けることのメリットなどを解説します。


■歯の予防処置とは”クリーニング”のこと


歯の予防処置とは”歯のクリーニング”のことです。 歯医者は「むし歯になってから行くところ」というイメージを持っている方も多いため、歯のクリーニングの重要性に気付けない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、定期的に歯のクリーニングを受けていると、むし歯だけでなく成人の8割以上の方が罹患していると報告されている「歯周病」を予防することができます。その結果、むし歯や歯周病の予防が全身の健康を守ることに繋がると言われています。


■むし歯や歯周病がなぜ全身の健康に関わってくるのか


むし歯や歯周病はお口の問題に留まらず、全身の健康に影響を与える可能性があります。以下に代表的な関係をいくつか挙げます。


  • 心臓病:

歯周病の炎症が心臓病の発症や進行に関与する可能性があると言われています。細菌や炎症物質が血管内に入り込み、血管を詰まらせることで心血管系の問題が引き起こされることがあります。


  • 糖尿病:

歯周病やむし歯の患者さまは、糖尿病の発症や制御の難しさに関連していることがあります。また歯周病の炎症がインスリンの効果を悪化させたり、血糖値の上昇を引き起こしたりする可能性があります。反対に、歯周病が改善されると糖尿病も改善されると言われており、相互関係にあると言われております。


  • 妊娠関連問題:

妊娠中の歯周病は早産や低体重出生児のリスクを増加させる可能性があります。歯周病の炎症物質や細菌が体内に入り込むことで、子宮内環境に悪影響を与える可能性があります。


  • 脳梗塞:

歯周病の方で、お口の中の細菌やプラークが血管を介して脳に運ばれると脳の血管がつまり、脳梗塞を引き起こすことがあると言われております。また、歯周病の方は罹患していない方の約2.8倍脳梗塞になりやすいと言われております。


■歯の予防処置を受けるメリット


 メリットを以下にまとめました。


・むし歯、歯周病の予防ができる

・口臭がなくなり、息がすっきりする

・歯ぐきのケア予防ができる

・歯の着色予防ができる

・歯石やプラークの除去ができる

・心臓病、糖尿病、妊娠関連問題、脳梗塞の予防にもつながる


歯の予防処置を受けることでお口の中も改善され、全身的な病気にもならず末長く元気に過ごせる未来が広がります。 


■家でのセルフケアも大切


歯医者で予防処置を受けていただくことも大事ですが、毎日のセルフケアも重要です。定期検診の際には、歯科衛生士から患者さまのお口の中に応じたセルフケアの方法や、歯みがき方法などもお伝えしております。


【歯も体も健康になるためにクリーニングを!】


お口の中を常に綺麗にして、全身疾患を予防し健康になりましょう!

クリーニングをご希望の方は気兼ねなくお問い合わせください。


大垣みらいファミリー歯科+kids
歯科医師
⇒院長の経歴はこちら